人には万能薬

農作物には忌避剤として使用されるニームですが、
私たち哺乳類にはほとんど無害だということは前回話しました。

でも、実は、無害どころか、ニームはヒトの万能薬として研究されているのです。

ニームは、インドなどでは人々の健康維持に不可欠な薬として用いられてきたのです。
薬効性にはとても優れているといわれているのです。
例えば、がん予防、皮膚病の治療・予防、糖尿病の予防、マラリア対策・・・とにかくさまざまな病気からヒトを守ってきているのです。

ニームの種子や樹皮などは、肌を健康にするとして、美容の分野でも効果が期待され、研究が進められているというんだから、
健康、美容ともに使えるなんて、
まさに、奇跡の木、神秘の木と呼ぶにふさわしい木であるといえるでしょう。

ニームの木、日本でも育てられるようです。
とにかくよく日に当てて育てるんですって。
冬は心配ですが、枯らさないように気をつけましょう。

現地では、どのように利用しているのでしょうか?
●乾燥させた葉を穀物の貯蔵庫に入れておくと、害虫が寄り付かない。
●乾燥させた葉をタンスなどに入れ、羊毛の衣服を虫から守った。
●ニームの実から油をとったあとのしぼりかすを水田にまくと、稲が害虫の被害にあわない。
●垣根代わりにニームの木を家のまわりに植える。そうすると、ゴキブリなどが嫌がって家に近づかない。
●血液を浄化する作用があるといわれ、毎朝、数枚の葉を噛んでいる。
●乾燥した花のティーは健胃、強壮の薬、激しい頭痛には花と葉をはる。
●枝をかんで、歯磨きがわりにしている。


大活躍ですね。
是非手に入れておきたい植物です。

ニームの効果

では、なぜニームが、害虫に効くのでしょうか?

ニームの樹木には「アザディラクチン」という成分が含まれているのですが、
この成分が、害虫に効くといわれています。
アザディラクチン」は、卵の孵化を妨げ、成虫の食欲を撃退させ、変体を防ぎ、更には、忌避効果があり駆除に優れた効果を発揮するらしいのです。

ニームの種子からはニームオイルが抽出されます。
代表的なものでジックニームという名で販売されているので、検索してみてください。
このニーム オイルがまた、害虫駆除に効果があるのです。
例えば、草食・吸汁昆虫、ハダニ類、ナメクジ等に作用し、食品・飲食店のゴキブリ駆除にも効果があるといわれています。

これだけ害虫を駆除するのに、なんと、人には無害なんですって!
農作物に繰り返し使用しても、私たち哺乳類に対してはほとんど無害で、自然環境のサイクルが狂うことはないみたいです。

ニームの木とは

ニームの木neem)」をご存知ですか?
ニームは古代よりインドに育成しているインド センダン(樹木)の英名です。

実は今、このニームが世界中で注目されているんです。
理由はこのニームの木のある効果にが原因なんですが、
そのある効果とは・・・?

それは、ニームの持つ「害虫忌避作用」なんです。
これに、世界中の農業関係者が注目しています。

更にニーム防虫効果の他に、私たち人間の健康に役立つさまざまな薬効も、認められています。

でも、ニームって、日本ではあまり聞きませんよね。
では、ニームはどこにあるのでしょうか?
ニームの木インドをはじめ、東南アジアに広く自生する常緑樹です。
神秘の木奇跡の木として、古代から崇められてきました。
インドに行けば、普通に街路樹として身近にどこでも見られるニーム。
樹皮、種子、実、葉、ニームの木の全てに薬効があるといわれていて、「ミラクルニーム」なんて呼ばれているんですって。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。